読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく降りました

撮影場所までは徒歩で10秒ですf:id:hifumi1121:20170216092214j:plain

 

2階10号室より

大谷山から赤坂山へ続く稜線が良く見えるお部屋です

f:id:hifumi1121:20170216092231j:plain

先週末の寒波で辺りは雪に覆われました。今日は高気圧が張り出し穏やかな日となっています。道路には雪がありませんので安心してお越しください。

広告を非表示にする

滑りおさめ

f:id:hifumi1121:20170101063505j:plain

大みそかのスキー場にて(箱館山スキー場)。積雪は25センチとやや物足りない量ですが、なんとか滑走できる状況でした。写真下の6名は高島市内の中学生クロカンスキーヤー高島市クロスカントリースキー(かかとを固定しないノルディックスキーの仲間)のレジェンドもたくさんおられ、アルペンスキー同様、古くから高島の地域に根付いたスポーツであり、もはや文化と言っても間違いではないかもしれません。(*牧野スキークラブ1925年設立)少子化の影響かもしれませんが、スキーをする子どもが少ないと聞いています。それでもこの日は、高島市内のジュニアクロカンスキーヤーがマキノ、今津、湖西、安曇川中学合わせて総勢30~40名が元気に滑走していました。板が細い(幅は44mmほど)し、エッジもなく、キャンバー(板のそり具合)が強いので滑走に苦戦している中学生もいました。それでも気長にしつこくやっていれば道具にも慣れ、最初の苦悩もやがて爽快感に変わってくるので、それまで焦らづ急がず取り組んでほしいと思うのでした!

広告を非表示にする

囲炉裏&火鉢の出番

f:id:hifumi1121:20161128074226j:plain

お寺の床材をリサイクルした頂き物の囲炉裏です。火鉢は蔵の奥にあったものです。炭や炎にふれる機会がほとんどなくなってしまった日常ですが、室内でも安心して火遊びが出来て(なめたらあきませんが・・・)暖をとれ、しかも燃費がいい優れものですね。日本の豊かな自然に深く丁寧にかかわりながら、先人たちは寒い冬を何度も越してきたのでしょう。ほんのりとした炭の暖かさが心地いい季節となりました。

広告を非表示にする